院長挨拶

病院長 園田 茂

それぞれのかたが、それぞれの場所でコロナウイルス感染症と闘っている今、私たちも、自らの役割を一生懸命果たそうとしています。 私たちは回復期医療を中心とした病院です。コロナウイルス感染症と同時に、脳卒中や事故は常に起こり続けていますし、がんの症状が末期に近づいてその対応を要するかたもいつもいらっしゃいます。そのような方々に必要な医療を行い続ける、それが私たちの使命です。 不器用な部分もあるかもしれません。面会禁止など皆さんに不都合を強いていることも多くあります。それは、私たちの使命、皆さんにとって必要なことを今後とも続けていくためなのです。 どうそ、一緒にコロナウイルス感染症に立ち向かって下さい。

2020年4月23日 病院長 園田 茂

履歴

1985年 慶應義塾大学医学部卒業
1995年 東京都リハビリテーション病院医長
1997年 慶應義塾大学月が瀬リハビリセンター専任講師
2000年 藤田保健衛生大学医学部リハビリ医学講座助教授
2002年 同教授
2003年 藤田保健衛生大学七栗サナトリウム病院長
2004年 藤田保健衛生大学藤田記念七栗研究所長 (兼務)
2016年 七栗記念病院への名称変更により藤田保健衛生大学七栗記念病院 病院長
2018年 藤田医科大学への名称変更により藤田医科大学七栗記念病院 病院長

学会:
日本リハビリテーション医学会特任理事・代議員
回復期リハビリテーション病棟協会副会長
日本脳卒中学会幹事・代議員
日本高次脳機能障害学会代議員
日本義肢装具学会理事・正会員(評議員)
日本摂食・嚥下リハビリテーション学会評議員など